大和シルフィードのクラブメッセージ

大和シルフィードのクラブメッセージ

2022年3月16日

大和シルフィードの状況などを掲載(大和シルフィードのメルマガより引用)しますので、皆さん身近に感じて応援しましょう。

【クラブメッセージvol.1】

大和シルフィードの大多和です。

日頃、大和シルフィードを熱くご支援いただき、そしてご声援をいただき、本当にありがとうございます。

今シーズンからは、お知らせや試合結果といった「情報」に加えて、このメールマガジンを通じて、私や選手からもクラブ全体の状況やちょっとしたこぼれ話など、不定期でお届けしていければと思っています。

さて1月中旬より部分始動しておりましたが、いよいよほぼ全ての選手も合流し、トップチームの2022シーズンが幕をあけました。

先日、FC町田ゼルビアレディースから、大和シルフィードU15出身の幸嶋選手の加入を発表し、これをもって、開幕に向けた22シーズントップチーム全メンバーが出揃ったことになります。(当然、常に編成、選手獲得などは最適化に向けて動き続けていきます)

昨年のトップチームは2部降格という厳しい結果となりました。

しかしその苦しい日々で積み上げてきた「主体的なサッカー」、「意図をもってゴールを奪うサッカー」を、高橋和幸新監督を中心としたスタッフ、選手全員が一丸となって花開かせ、なでしこリーグ2部優勝を目指して参ります。

新チームでのトピックとしては、濱本まりん選手と、大和シルフィードの歴史上初となるプロ契約を締結しました。

これにより、サッカーと向き合うことのできる時間を一層増やし、その闘志溢れる、観る人に気持ちが伝わるプレーに磨きをかけていってほしいと思います。

そして新加入選手について触れますと、ラブリッジ名古屋から、経験豊富で全てのプレーレベルが高いGK戸倉選手、左利きで足元の技術に優れ、センターバック、サイドバック、ボランチと幅広くこなせる阿部選手、そして2シーズンぶりに復帰してくれた、爆発的なスピードをもつサイドバック菅選手が加入。

先日関東リーグへの昇格を決めたばかりのFC町田ゼルビアレディースで得点を量産していたセンターフォワード幸嶋選手、ASハリマアルビオンの堅守を支えていた長身センターバック村山選手、日体大の堅守を支えていた技術力の高いセンターバック森本選手、武蔵ヶ丘短期大学からは力強くスピード溢れるドリブルやセンス溢れるパスが魅力の芳賀選手、がそれぞれ加入してくれました。

昨シーズンから残留した選手たちとの融合をはかりながら、ピッチの内外で、共に大和市に、神奈川県に、パートナー企業に、笑顔と元気を届けていきます。

コロナ禍の中、うまく行かないことや予定通りに運ばないことも多いですが、皆さんと共に、シーズンを戦っていきたいです。

今シーズンもどうぞ、よろしくお願いいたします。

大和シルフィード

大多和